コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽金 ギキン

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐きん【偽金】

錫(すず)(Ⅳ)塩の溶液に硫化水素を通すと得られる黄金色の顔料。金箔(きんぱく)の代用にされる。
アルミニウム青銅

にせ‐がね【偽金/×贋金】

にせの貨幣。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎきん【偽金】

アルミ青銅 」に同じ。
硫化スズ(Ⅳ)を主成分とする黄金色の顔料。金箔・金粉の代用品とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

偽金の関連情報