コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傅奕 ふえき Fù Yì

1件 の用語解説(傅奕の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふえき【傅奕 Fù Yì】

554‐639
中国,唐初の官僚で廃仏論者として有名。相州(河北省安陽県)の人。北周の通道観学士となり,道士として隋の漢王楊諒に仕え,唐の高祖のとき太史令となった。621年(武徳4)〈寺塔僧尼沙汰十一条〉を上呈,これをめぐり仏・道両教団から論難たがいに往復するが,7度にわたる彼の上表は高祖の教団整理策に影響を与えた。しかし粛清の勅命が下った直後,玄武門の変により高祖は退位し,実施されずに終わった。【藤善 真澄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

傅奕の関連キーワード魏徴虞世南孔穎達運命論者玄応廃仏フェミニスト六科論者無神論者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone