高祖(読み)コウソ

  • こうそ カウ‥
  • こうそ〔カウ〕
  • 高祖 Gāo zǔ

世界大百科事典 第2版の解説

前256か247‐前195
中国,前王朝の創始者。在位前202‐前195年。は劉,名は,字をという。漢朝の太祖のゆえに死後,高皇帝と尊号された。布衣の身から皇帝になった人物として,明朝の太洪武帝朱元璋と並び称せられる。沛(はい)の豊邑(江蘇省豊県)に生まれた。父は太公,母は劉媼(劉家のばあさん)と史書に残るだけで,名前はわからない。中農程度の農民家庭であった。竜が劉媼の上にのって身ごもり,劉邦が生まれたと伝えられるが,これは英雄の出生譚によくある感生伝説といえよう。
566‐635
中国,朝の創立者で初代皇帝。在位618‐626年。姓名李淵。高祖は廟号。唐代の書物に〈〉字の代用に他字(たとえば〈〉)をあてることがあるのは,高祖の諱(いみな)を避けたものである。西涼を興した隴西(ろうせい)の名族李暠の子孫と伝えられるが疑わしい。通婚関係などから北族の血を交えていると思われる。北魏時代武人として武川鎮(内モンゴル,フフホト北方)に移住した。李淵の祖父李虎のとき宇文泰らと西魏創建,当時最高の将帥たる柱国大将軍の一人であった。
892‐942
中国五代の後の建国者。石敬瑭が姓名,高祖は廟号。突厥(とつくつ)系の出身。後唐明宗の第一の功臣として宣武(開封)など,いくつかの要地の節度使を兼ね,のち契丹との最前線太原に鎮し,その防衛に当たった。彼と相いれない廃帝が明宗の没後に即位すると,契丹と結んで帝位につき大晋と号し,その援助で後唐を滅ぼした(936)。その際,代償として契丹に莫大な歳幣を約し,契丹国王を父と呼んで臣事した。またこのときの長城以南の地である燕雲十六州割譲は長く係争の地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

遠い先祖。
四代前の先祖。曽祖父の親。
中国で、王朝を開いた初代皇帝の廟号びようごう。漢の劉邦りゆうほう、唐の李淵りえんなど。
仏教で、一宗派の開祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、皇帝を太廟(たいびょう)に祀(まつ)るとき追贈される廟号(びょうごう)の一つ。元来は5世の祖(曽祖父(そうそふ)の父)の称。太祖と並んで、おおむね王朝の創立者に贈られる。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 遠い先祖。また、四代前の先祖。祖父の祖父母。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月二二日「左近少将維盛朝臣〈略〉去嘉承二年十二月十九日。彼高祖正盛朝臣〈于時因幡守〉奉宣旨」 〔春秋左伝‐昭公一五年〕
② 中国で、ある王朝を始めた最初の天子。創業の天子。漢の高祖劉邦、唐の高祖李淵など。
※今昔(1120頃か)一〇「芒山に高祖の隠れ居たりける木の上には」
③ 仏教で、一宗・一派の創始者。また、非常に徳の高い僧。開祖。開基。
※私聚百因縁集(1257)七「三界大師とをはします釈迦如来、真言高祖(カウソ)と在す龍猛菩薩」
[2]
[一] 中国、漢の始祖。劉邦(りゅうほう)
[二] 中国、三国魏の相で晉朝の遠祖。司馬懿(しばい)
[三] 中国、南北朝の東魏の大臣で北斉の祖。高歓(こうかん)
[四] 中国、唐朝の初代皇帝。李淵(りえん)
[五] 中国、五代後晉の建国者。石敬瑭(せきけいとう)
[六] 中国、五代後漢の建国者。劉知遠(りゅうちえん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高祖の言及

【漢】より

…前202‐後220年。秦の滅亡(前206)後,項羽と覇権を争って勝利を収めた農民出身の劉邦(漢の高祖)によって創建された。前206年,劉邦は項羽より漢王に封ぜられたが,漢の名はこれに由来する。…

【中国文学】より

…地方の俗謡とそのかえうたを含む。漢の高祖劉邦が作ったという〈大風(たいふう)の歌〉は彼の死後その祭りでうたわれたが,その曲は楚の地方の歌謡のふし(楚声)であった。やはり漢代の軍楽だったという〈短簫鐃歌(たんしようどうか)〉の数曲はおそらく北方中国の民族の歌謡であろう。…

【唐】より

…李淵はいったんは煬帝の子を擁立して恭帝とし,江都にいた煬帝を太上皇と称せしめたが,煬帝が殺されたという知らせを聞くや,恭帝に迫って禅譲させ,帝位についた。これが唐の高祖であり,ここに唐王朝が成立した。唐朝は,黄巣の乱後に黄巣の部下であった朱全忠に禅譲させられるまで,およそ290年の命脈を保ったが,8世紀半ばに起こった安史の乱ごろを境として,前半期と後半期とではあらゆる局面で性格を異にする。…

※「高祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高祖の関連情報