コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北周 ほくしゅうBei-zhou; Pei-chou

5件 の用語解説(北周の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北周
ほくしゅう
Bei-zhou; Pei-chou

中国,北朝 (→南北朝) の一王朝 (557~581) 。西魏の実権者であった宇文泰の死後,世子の宇文覚 (→孝閔帝) が跡を継いだが,これを補佐していた宇文泰の兄の子宇文護が明帝1 (557) 年西魏の恭帝に迫って帝位を去らせ,宇文覚を天王に奉じ,周王朝を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほく‐しゅう〔‐シウ〕【北周】

中国、南北朝時代北朝の一。北魏の東西分裂後、西魏の宰相宇文泰の子の覚が恭帝の禅譲を受けて556年に建国。都は長安。第3代の武帝は北斉を併合したが、581年、によって滅ぼされた。後周。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北周【ほくしゅう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほくしゅう【北周】

中国、北朝の一。北魏ほくぎの東西分裂後、宇文泰の子の覚が西魏のあとをうけて建国(557~581)。都は長安。北斉を併合したが、外戚の楊堅(隋の文帝)に滅ぼされた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北周
ほくしゅう

中国の王朝(557~581)。西魏(せいぎ)の実権者宇文氏が西魏を奪って創建した。国名の周のおこりは、西魏の代から古代の周を手本としたためで、そのことによって北魏孝文帝以来の漢化主義、門閥主義を排し、北族尊重主義をとるとともに素朴主義の政治を目ざした。第3代武帝のとき廃仏を断行して君権の強化を図り、また北斉(ほくせい)を平定して華北の統一を実現したが、その子宣帝は暴君で人心は北周から離れ、これに乗じた外戚(がいせき)楊堅(ようけん)が政権を奪って581年隋(ずい)朝を建てた。しかし関中に本拠を置いた隋・唐両帝国の直接の母体となったものは西魏ならびに北周であり、その意味でこれらの王朝の担った意義は大きい。[谷川道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北周の言及

【周】より

…557‐581年。北周,宇文周ともいい,長安を首都とした。西魏の実力者宇文泰が病没すると,魏周革命が遂行されて,宇文泰の子の宇文覚が即位した(孝閔帝)。…

※「北周」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

北周の関連キーワード南朝南朝北朝ねんきん定期便熊本県美里町の豪雨災害選挙運動費用欧陽詢

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北周の関連情報