傘・唐傘(読み)からかさ

大辞林 第三版の解説

からかさ【傘・唐傘】

〔唐風のかさの意〕
割り竹を骨として油紙などを張り、柄をつけて轆轤ろくろで開閉できるようにしたかさ。差しがさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐かさ【傘・唐傘】

〘名〙
① (唐風のかさの意) 竹の細い骨に紙を張って油をひき、轆轤(ろくろ)で開閉できるように作ってあり、雨、雪または炎天の時にさす具。さしがさ。手傘。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「落つる滝の、からかさの柄さしたるやうにて、岩の上に落ちかかりて」
② 紋所の名。①を組み合わせた図柄のものの総称。三つ開き傘、糸輪三本傘など種々ある。
※壒嚢鈔(1445‐46)一「柳幕紋の事不際限歟頗荒涼の至りなれ共随見及之。〈略〉唐傘(カラカサ)又唐笠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android