コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壒嚢鈔(読み)アイノウショウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚢鈔
あいのうしょう

室町中期の類書。7巻(刊本は15巻)。著者は観勝寺の僧行誉(ぎょうよ)で、1445年(文安2)に巻1~4の「素問」(一般的な問題)の部が、その翌年に巻5~7の「緇問(しもん)」(仏教に関する問題)の部が成立した。初学者のために、事物の起源、語源、語義などを、問答形式で536条にわたって説明したものである。「」はちり、「嚢」はふくろの意で、同じ性格の先行書『塵袋(ちりぶくろ)』(編者不明、鎌倉中期成立、11巻)に範をとっている。『塵袋』から201条を抜粋し、『嚢鈔』とあわせて737条としたものが『塵添(じんてん)嚢鈔』20巻(編者不明。1532年成立)である。近世において「嚢鈔」といえば、この『塵添嚢鈔』をさす。中世の風俗や言語を知るうえで有益である。[沖森卓也]
『浜田敦・佐竹昭広・笹川祥生編『塵添嚢鈔・嚢鈔』(1968・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android