壒嚢鈔(読み)アイノウショウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚢鈔
あいのうしょう

室町中期の類書。7巻(刊本は15巻)。著者は観勝寺の僧行誉(ぎょうよ)で、1445年(文安2)に巻1~4の「素問」(一般的な問題)の部が、その翌年に巻5~7の「緇問(しもん)」(仏教に関する問題)の部が成立した。初学者のために、事物の起源、語源、語義などを、問答形式で536条にわたって説明したものである。「」はちり、「嚢」はふくろの意で、同じ性格の先行書『塵袋(ちりぶくろ)』(編者不明、鎌倉中期成立、11巻)に範をとっている。『塵袋』から201条を抜粋し、『嚢鈔』とあわせて737条としたものが『塵添(じんてん)嚢鈔』20巻(編者不明。1532年成立)である。近世において「嚢鈔」といえば、この『塵添嚢鈔』をさす。中世の風俗や言語を知るうえで有益である。[沖森卓也]
『浜田敦・佐竹昭広・笹川祥生編『塵添嚢鈔・嚢鈔』(1968・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あいのうしょう アイナウセウ【壒嚢鈔】

室町中期の辞書。七巻本と一五巻本がある。行誉(ぎょうよ)撰。文安二~三年(一四四五‐四六)成立。仏教や風俗などに関する和漢の故事、国字、漢字の意味や起源など五三六項目について記した百科事典的なもの。→塵添壒嚢抄(じんてんあいのうしょう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android