コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壒嚢鈔 アイノウショウ

2件 の用語解説(壒嚢鈔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいのうしょう〔アイナウセウ〕【壒嚢鈔】

室町中期の百科事典。僧行誉(ぎょうよ)の編。7巻。文安3年(1446)成立。事物の起源、和漢の故事、国字・漢字の語源や語義などを解説。→塵添壒嚢鈔(じんてんあいのうしょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚢鈔
あいのうしょう

室町中期の類書。7巻(刊本は15巻)。著者は観勝寺の僧行誉(ぎょうよ)で、1445年(文安2)に巻1~4の「素問」(一般的な問題)の部が、その翌年に巻5~7の「緇問(しもん)」(仏教に関する問題)の部が成立した。初学者のために、事物の起源、語源、語義などを、問答形式で536条にわたって説明したものである。「」はちり、「嚢」はふくろの意で、同じ性格の先行書『塵袋(ちりぶくろ)』(編者不明、鎌倉中期成立、11巻)に範をとっている。『塵袋』から201条を抜粋し、『嚢鈔』とあわせて737条としたものが『塵添(じんてん)嚢鈔』20巻(編者不明。1532年成立)である。近世において「嚢鈔」といえば、この『塵添嚢鈔』をさす。中世の風俗や言語を知るうえで有益である。[沖森卓也]
『浜田敦・佐竹昭広・笹川祥生編『塵添嚢鈔・嚢鈔』(1968・臨川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壒嚢鈔の関連キーワードラルース百科事典アメリカーナ百科事典《大鏡》(百科事典)児童百科事典《スイス百科事典》《世界大百科事典》《大百科事典》《ヘブライ百科事典》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone