コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炎天 エンテン

デジタル大辞泉の解説

えん‐てん【炎天】

夏の焼けつくような空・天気。「炎天下」 夏》「―の空美しや高野山/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

炎天

北方謙三の長編海洋冒険小説。1992年刊行。神尾修シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

えんてん【炎天】

真夏の焼けるように暑い日差しの天気。また、その空。 [季] 夏。 「 -下の野球試合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

炎天の関連キーワード緣・円・冤・厭・園・圓・堰・塩・婉・媛・宛・宴・延・怨・捐・掩・援・沿・淵・演・炎・焉・焔・焰・煙・燕・猿・縁・艶・苑・衍・遠・鉛・鹽典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點クロスカントリー・レースハイドレーションシステム温度による健康障害バターン死の行進東京都足立区六月ヒートアイランドヒートショック清水 房之丞ニチニチソウ小笠原高気圧湿球黒球温度暑気あたり下村 千秋本間 雅晴煙炎・煙燄岩瀬 正雄打ち萎れる暑さ指数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炎天の関連情報