傷持つ足(読み)キズモツアシ

大辞林 第三版の解説

きずもつあし【傷持つ足】

犯した罪を隠しているなど、後ろ暗いことがあることをたとえていう語。脛に傷持つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きず【傷】 持(も)つ=足(あし)[=脛(すね)・=身(み)

犯した罪やうしろ暗いことのため、恐ろしく不安で落ち着かないことをたとえていう語。脛(すね)に疵持つ。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「苦い爺(てて)親彌左衛門是も疵(キズ)持つ足の裏」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉暗殺の心配「疵持(キヅモ)つ身(ミ)と云ふ訳けではないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android