傾圧(読み)けいあつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾圧
けいあつ

等圧面と等温面(または等密度面/等比容面)が一致しない状態をいい、このような状態にある大気を傾圧大気とよぶ。等圧面と等温面が一致する場合は順圧といい、そのような大気を順圧大気とよぶ。順圧大気ではソレノイドが形成されないが、傾圧大気ではソレノイドが形成される。また、順圧大気では風は高さとともに変化しないが、傾圧大気では風は高さとともに変化する。また、傾圧大気では等圧面に対して等温面が傾斜(交差)しているので、その交差線が等圧面上の等温線である。等圧面上ではほとんどの場合、等温線が引けるので、われわれの大気は傾圧大気である。そして、等圧面上で等温線が帯状に密集しているところが前線帯で、そこは等圧面に対して等温面が大きく傾斜し、交差角が大きいところである。[股野宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android