傾聴ボランティア(読み)ケイチョウボランティア

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

傾聴ボランティア

苦しみや悩みをじっくり聴いて共感し、ありのままを受け入れるボランティア。相手の心を癒やし、孤独や不安を軽減させる手助けをする。特別な資格はいらないが養成講座やサークルがある。施設やひとり暮らし高齢者、長期入院患者などを対象に活動しているグループもある。

(2014-05-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾聴ボランティアの関連情報