大震災(読み)だいしんさい

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐しんさい【大震災】

〘名〙 大きな地震による災害。大正一二年(一九二三)九月一日に起きた関東大震災、平成七年(一九九五)に起きた阪神・淡路大震災など。
※兄の立場(1926)〈川崎長太郎〉三「これからの生活をいろいろと思惑し迷ってゐる時にあの大震災が来たのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android