働きバチ(読み)はたらきばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

働きバチ
はたらきばち

昆虫綱膜翅(まくし)目のミツバチ科やスズメバチ科の社会性ハチにみられるカースト(階級)の一名称。もともと雌であるが、幼虫期の栄養条件や女王バチの分泌する女王物質などにより不妊化し、食物採集、育児、造巣、巣の保護など、産卵以外のいっさいの巣の仕事を分担している。[松浦 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の働きバチの言及

【社会性昆虫】より

…コロニーはおもに繁殖を担当する個体(女王。シロアリでは女王と王)と,それ以外の育仔(いくし),採餌,防御などに従事するワーカーworker(働きバチ,働きアリ)によって相補的に運営される。この場合〈社会性〉という言葉が,ごく特殊な意味で用いられている点に注意する必要があり,むしろカースト制昆虫といった方が正確であろう。…

※「働きバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

働きバチの関連情報