松浦(読み)マツウラ

  • まつら
  • 地名
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

長崎県、北松浦半島北部にある市。玄界灘に臨む。炭鉱の町として栄えたが、現在は閉山し、漁業や繊維・機械工業が行われる。平成18年(2006)1月、福島町・鷹島町と合併。人口2.5万(2010)。
[補説]古くは「まつら」で、肥前国の郡名。現在の佐賀県長崎県北部一帯をさした。
佐賀県と長崎県の北部、松浦(まつうら)地方の古称。末羅。末盧。
姓氏の一。
[補説]「松浦」姓の人物
松浦鎮信(まつらしげのぶ)
松浦静山(まつらせいざん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

長崎県北部、玄界灘に臨む市。漁業・水産加工・畜産業などが発展。元寇げんこうの防塁跡がある。 → まつら松浦
姓氏の一。
肥前国松浦まつうら郡、現在の佐賀県北西部と長崎県北部一帯の地の古称。「魏志倭人伝」に記された末盧国と同じか。
姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 長崎県、北松浦半島の北部の地名。佐世保炭田北部の炭鉱都市であったが現在すべての炭鉱が閉山。機械・繊維業などが進出。昭和三〇年(一九五五)市制。
[二] 肥前国(佐賀県・長崎県)の旧郡名。明治以前は「まつら」と。明治九年(一八七六)長崎県に所属。同一一年東・西・南・北松浦郡に四分されたが、同一六年に東・西松浦郡は佐賀県、南・北松浦郡は長崎県の所属となる。
姓氏の一つ。
[一] 肥前国(佐賀・長崎県)北・西部一帯を占めていた古代の国。七世紀の国郡制定以来、肥前国の一郡となる。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦の関連情報