コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦(読み)マツウラ

デジタル大辞泉の解説

まつうら【松浦】[地名]

長崎県、北松浦半島北部にある市。玄界灘に臨む。炭鉱の町として栄えたが、現在は閉山し、漁業や繊維・機械工業が行われる。平成18年(2006)1月、福島町・鷹島町と合併。人口2.5万(2010)。
[補説]古くは「まつら」で、肥前国の郡名。現在の佐賀県長崎県の北部の一帯をさした。

まつら【松浦】[地名]

佐賀県と長崎県の北部、松浦(まつうら)地方の古称。末羅。末盧。

まつら【松浦】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「松浦」姓の人物
松浦鎮信(まつらしげのぶ)
松浦静山(まつらせいざん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつうら【松浦】

長崎県北部、玄界灘に臨む市。漁業・水産加工・畜産業などが発展。元寇げんこうの防塁跡がある。 → まつら(松浦)

まつうら【松浦】

姓氏の一。

まつら【松浦】

肥前国松浦まつうら郡、現在の佐賀県北西部と長崎県北部一帯の地の古称。「魏志倭人伝」に記された末盧国と同じか。

まつら【松浦】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦の関連情報