松浦(読み)マツウラ

  • まつら
  • 地名
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

長崎県、北松浦半島北部にある市。玄界灘に臨む。炭鉱の町として栄えたが、現在は閉山し、漁業や繊維・機械工業が行われる。平成18年(2006)1月、福島町・鷹島町と合併。人口2.5万(2010)。
[補説]古くは「まつら」で、肥前国の郡名。現在の佐賀県長崎県北部一帯をさした。
佐賀県と長崎県の北部、松浦(まつうら)地方の古称。末羅。末盧。
姓氏の一。
[補説]「松浦」姓の人物
松浦鎮信(まつらしげのぶ)
松浦静山(まつらせいざん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 長崎県、北松浦半島の北部の地名。佐世保炭田北部の炭鉱都市であったが現在すべての炭鉱が閉山。機械・繊維業などが進出。昭和三〇年(一九五五)市制。
[二] 肥前国(佐賀県・長崎県)の旧郡名。明治以前は「まつら」と訓。明治九年(一八七六)長崎県に所属。同一一年東・西・南・北松浦郡に四分されたが、同一六年に東・西松浦郡は佐賀県、南・北松浦郡は長崎県の所属となる。
姓氏の一つ。
[一] 肥前国(佐賀・長崎県)北・西部一帯を占めていた古代の国。七世紀の国郡制定以来、肥前国の一郡となる。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦の関連情報