コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女王物質 じょおうぶっしつqueen substance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女王物質
じょおうぶっしつ
queen substance

ミツバチの女王が口部の大顎腺から分泌する一種フェロモン。女王の体表から職蜂 (働きばち) 仲間に次々に伝えられて,職蜂の卵巣の成熟を押え,また新女王用の王台づくりを押える効果をもたらす。女王物質の構造炭素 10個から成る脂肪酸の一種で CH3-CO-(CH2)5-CH=CH-COOH の構造をもつが,2位の炭素が -CO- でなく -CHOH- のものも有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の女王物質の言及

【フェロモン】より

…働きバチはみな雌で,巣の中に1匹の女王バチがいる限り,卵巣の発育が抑えられたままで,産卵することはない。女王バチから分泌される女王物質queen substanceを働きバチがなめたり,においとして受容することで卵巣の発育がおさえられ,餌集め,女王の世話という働きバチの行動を起こさせている。女王物質はミツバチの社会階級を決めるフェロモンである(階級分化フェロモン)。…

※「女王物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女王物質の関連キーワード社会性昆虫アリ(蟻)女王バチ働きバチミツバチ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android