優雅で感傷的なワルツ

デジタル大辞泉プラスの解説

優雅で感傷的なワルツ

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルの管弦楽曲(1912)。原題《Valses nobles et sentimentales》。『高雅(高貴)で感傷的なワルツ』とも呼ばれる。シューベルトのワルツに着想を得て作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android