コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元曲四大家 ゲンキョクシタイカ

1件 の用語解説(元曲四大家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんきょく‐したいか【元曲四大家】

元曲の四人の代表的作家、関漢卿・鄭光祖・白樸・馬致遠の総称。関鄭白馬と略称する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の元曲四大家の言及

【中国演劇】より

…これらのきびしい制約は,逆に作品の構成を緊密にし質を高めるうえで有効にはたらき,多くのすぐれた作品を生んだ。 関漢卿の《竇娥冤(とうがえん)》《救風塵》,馬致遠の《漢宮秋》,白樸の《梧桐雨》,鄭徳輝の《倩女離魂》などはとくに名高く,この4人を〈元曲四大家〉といい,さらに雑劇中の白眉として幅広い人気をもつ《西廂記》の作者である王実甫,および喬吉を加えて〈六大家〉とする。元の鍾嗣成(しようしせい)の《録鬼簿》によれば,当時雑劇作者はおよそ150名,作品数は優に450を上回るが,うち今日に伝存するのは約150種である。…

※「元曲四大家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元曲四大家の関連キーワードエルンスト関漢卿ボッカチオワイルド四王四大師代表的藤氏の四家対応時間の法則武内城継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone