北曲(読み)ほっきょく(英語表記)Bei-qu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北曲
ほっきょく
Bei-qu

中国の古典演劇の一つ。北方系の歌曲基調とした戯曲。南方系の南曲に対する。正式には「雑劇」といい,またその最盛期が元代で,中国戯史上でも最もすぐれた作品を多く生んだので,「元曲」の名で総称されることが多く,北曲とはその歌曲だけをさすことがある。関漢卿馬致遠白仁甫王実甫らが,それぞれ『竇娥冤 (とうがえん) 』『漢宮秋』『梧桐雨』『西廂記』を代表作として活躍し,その傑作は,ほぼ『元曲選』に収められている。 14世紀に入り,演劇の中心が南方の杭州に移るにつれ,次第に衰退し,明初にはなお北曲の作家が出たが,やがて南方系の歌曲を基調とする南曲に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっ‐きょく〔ホク‐〕【北曲】

中国、北方系の歌曲、およびそれに基づく戯曲。代に成立、代に盛行し、元曲とよばれたが、明代に南曲におされて衰微

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北曲の言及

【雑劇】より

… 元雑劇は先行する風刺寸劇〈院本〉や語り物形態〈諸宮調〉を母体として生まれた,最初の満足すべき演劇形態であり,大量の脚本を残存する。この形態は〈北曲〉とも呼ばれるように,北方系音楽による歌劇で,伴奏楽器は琵琶などを主体に簫・笛を加え,別にリズム楽器として太鼓・拍板を用いる。幕はもとより背景その他舞台装置はなく,わずかに机・椅子や手に持つ小道具があるだけで,あらゆる時間と空間は曲(うた)・白(せりふ)・科(こなし)によって自在に設定される。…

※「北曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北曲の関連情報