コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関漢卿 かんかんけい Guan Han-qing

6件 の用語解説(関漢卿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関漢卿
かんかんけい
Guan Han-qing

中国,元の劇作家。大都 (北京) の人。号,已斎,一斎。金の遺民で,元に仕えて太医院尹になったという説があるが確かではない。 13世紀後半から 14世紀前半にかけて,大都を中心に盛んな演劇活動を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐かんけい〔クワン‐〕【関漢卿】

中国、元の劇作家。13世紀後半に活躍。大都(北京)の人。号、已斎叟(いさいそう)。元曲四大家のうちの第一人者。女性の性格描写にすぐれ、緊密な構成を特徴とする。17種ほどの作品が現存。作「竇娥寃(とうがえん)」「蝴蝶夢(こちょうむ)」「救風塵(きゅうふうじん)」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関漢卿【かんかんけい】

中国,元の戯曲作家。元曲四大家(雑劇)の一人。生没年不明。大都(北京)の人。の遺民で元に仕えた。雑劇創始期の中心人物で,活躍期は13世紀後半から14世紀初頭。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんかんけい【関漢卿 Guān Hàn qīng】

中国,元代の戯曲作家,元曲四大家の一人。漢卿は字であろうが,名は不詳。已斎と号し,大都(北京)の人。太医院尹の官歴がある。生没年はもとより,制作活動期さえ確かでないが,元雑劇が首都の大都を中心に盛行した,13世紀後半から14世紀初頭に至る間の活躍が想定される。豪放洒脱の風流人で,大都の芸能作家組織である〈玉京書会〉にあって指導的役割を担ったらしい。作品は60余編に及び,そのうち18編(疑問の作5編を含む)が現存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんかんけい【関漢卿】

中国、元初の劇作家。元雑劇(元曲)の第一人者。代表作「竇娥冤とうがえん」「蝴蝶夢こちようむ」「魯斎郎」など。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関漢卿
かんかんけい

生没年不詳。中国、元代第一の劇作家。大都(北京(ペキン))出身の人。金(きん)末に生まれ、13世紀後半に北京で戯曲の創作と演劇活動に従事し、作家グループのリーダー格であった。当時の劇作家楊顕之(ようけんし)、梁退之(りょうたいし)、費君祥(ひくんしょう)らは友人である。演劇界に詳しく、音楽に造詣(ぞうけい)が深かったことは彼の散曲から知られる。元代に書かれた北京地方誌『析津志(せきしんし)』によれば、博学でユーモラスな人物という。戯曲の大部分は女性が主役で、役柄も市井の婦人、遊女、腰元など変化に富む。いずれも理知的で温かみがあり、苦しみや圧迫に対して毅然(きぜん)と立ち向かう勇気をもっている。こうした女性や、異民族支配下の暗い社会、腐敗した官吏、ごろつき、頼りない書生など、口語を駆使して生き生きと描き出すのが特色である。作品数は60を超すが、現存するのは『救風塵』『竇娥寃(とうがえん)』『拝月亭』『単刀会』『調風月』『謝天香』等17種。『録鬼簿(ろくきぼ)』は「他界し、作品が行われている名家群」の冒頭に関漢卿の名を載せている。[平松圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関漢卿の言及

【中国文学】より

…中国の演劇はもともと喜劇から出発したものらしいが,元曲には悲劇として終結するものはまったくない。戯曲作家として傑出したのは関漢卿(かんかんけい)と王実甫の2人で,ともに14世紀初めに死んだ。関漢卿は多数の作品を公にし,舞台の経験のあった人と思われ,王実甫の名は《西廂記(せいしようき)》によって不朽である。…

※「関漢卿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関漢卿の関連キーワード費漢源元曲元曲選南曲白樸北曲四大家四大奇書元曲四大家鄭光祖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone