コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭光祖 ていこうそZhèng Guāng zǔ

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうそ【鄭光祖 Zhèng Guāng zǔ】

中国,元代の戯曲作家。生没年不明。字は徳輝。山西省平陽(臨汾(りんふん))の人。後期元曲の中心である浙江省杭州に移住,杭州路の役人をも務めたから,作家活動の中心は14世紀の前半であろう。儒学教養もゆたかな謹厳の紳士で,作品18編のうち《王粲登楼(おうさんとうろう)》《㑳梅香(すうばいこう)》《倩女離魂(せんじよりこん)》などが現存する。その教養を駆使したペダンティックな歌詞が,明代人の嗜好に投じ,元曲四大家の一人に数えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鄭光祖の関連キーワード離魂記

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android