先は(読み)まずは

  • まず
  • まずは まづ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

① 「まず(先)①」を強めたいい方。
※源氏(1001‐14頃)藤袴「まづはこよひなどの御もてなしよ」
② 「まず(先)②」を強めたいい方。独立性が強く接続詞のように用いる。
※蜻蛉(974頃)中「まづはこの大夫の、まれまれ京に物しては、日だにかたぶけば、山寺へといそぐを見給ふるに」
③ 「まず(先)③」を強めたいい方。
※申楽談儀(1430)どっといふ位「むくやぎなきと云は、まづは毛を吹きて疵を求たる也」
④ 「まず(先)④」を強めたいい方。
※中華若木詩抄(1520頃)中「宰相のことなれば出仕申さいでもかなはぬぞ先つは辛労なことかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先はの関連情報