コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山寺 サンジ

デジタル大辞泉の解説

さん‐じ【山寺】

山中にある寺。やまでら。

やま‐でら【山寺】

山中の寺院

やまでら【山寺】[地名]

山形市北東部の地名。立石寺(りっしゃくじ)がある。
立石寺の通称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山寺【やまでら】

山形県山形市北東部の立石(りっしゃく)寺一帯(史跡・名勝)。宝珠山の凝灰岩が風化により奇観を呈している。仙山線山寺駅に近く,蔵王国定公園に属する。
→関連項目山形[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やまでら【山寺】

山の中の寺。
立石寺りつしやくじの通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

やまでら【山寺】


山形県山形市山寺にある寺院。正式には宝珠山阿所川院(あそがわいん)立石寺(りっしゃくじ)と称し、860年(貞観2)、清和天皇の勅願によって慈覚大師円仁が開いたという天台宗の寺院。全山が凝灰岩からなる宝珠山の懸崖に多くの堂宇が配置され、東北の叡山(比叡山)ともいわれた。円仁の遺骸を安置したと伝える入定窟(にゅうじょうくつ)があり、1948年(昭和23)からの調査で、9世紀ごろの制作とされる頭部だけの木彫像が人骨とともに発見され、円仁像とされている。鎌倉時代には幕府から禅宗に改めさせられたが、衆徒が従わず、旧に復した。その後、兵火で焼失し、1356年(延文1・正平11)に山形に入った斯波兼頼(しばかねより)が、本堂の根本中堂を再建した。16世紀にも焼き討ちにあうが、室町時代中期建造の根本中堂は、入り母屋造り、5間4面、ブナ材の建築物としては日本最古といわれる天台宗の仏教道場である。堂内には円仁作と伝わる木造薬師如来坐像が安置され、最澄が比叡山に灯した常灯明を立石寺に分けたものを、織田信長の焼き討ちにあった延暦寺が再建されたときに、逆に立石寺から分けたという不滅の法灯がある。山門、仁王門、納経堂、開山堂、五大堂、如法堂(奥之院)など、山内の建物を結ぶ参道の石段は1000段を超える。また、1689年(元禄2)、おくのほそ道をたどって山寺を訪れた松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだものを、門人たちが1853年(嘉永6)に建てた句碑がある。1932年(昭和7)に国の史跡、名勝に指定された。JR仙山線山寺駅から徒歩約7分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山寺
やまでら

立石寺」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山寺
やまでら

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山寺の言及

【立石寺】より

…山号は宝珠山。俗に山寺(やまでら)と称される。860年(貞観2)慈覚大師円仁の開山と伝え,東北屈指の慈覚大師信仰と庶民信仰の霊山である。…

※「山寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山寺の関連キーワード掻き籠る・搔き籠る・掻き篭る・搔き篭る・掻き籠もる・搔き籠もる水の都の護神 ラティアスとラティオス神速のゲノセクト ミュウツー覚醒キュレムVS聖剣士 ケルディオ京都府京都市左京区一乗寺門口町京都府京都市上京区北之辺町大分県由布市湯布院町川上セレビィ 時を超えた遭遇山籠り・山篭り・山籠もり結晶塔の帝王 ENTEI新潟県上越市板倉区東山寺七夜の願い星 ジラーチ香川県善通寺市弘田町東京都墨田区横川吉野の大衆ガンゴトリ朝護孫子寺御髪下ろすおててこ舞吉野法師

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山寺の関連情報