先天八卦(読み)せんてんはっか

占い用語集の解説

先天八卦

八卦が本来ある場所を示したもの。先天八卦は伏義が配置したといわれている。先天八卦と後天八卦とがあり、先天八卦では、乾は南、兌は東南、離は東、震は東北、巽は西南、坎は西、艮は西北、坤は北に配置される。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android