八卦(読み)はっか(英語表記)Ba-gua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八卦
はっか
Ba-gua

易を構成する 64の基本になる8個の卦。俗に「はっけ」ともいう。後世につくられた伝説では伏羲の作という。,震,,坎,の8つ。の解説の一つ『説卦伝』には,この八卦が天 (乾) ,地 (坤) をはじめとし種々さまざまな自然人事の現象を象徴していることが述べられている。

八卦
はっけ

八卦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっ‐か〔‐クワ〕【八×卦】

はっけ(八卦)

はっ‐け【八×卦】

で、陰()と陽()の爻(こう)の組み合わせで得られる8種の形。この中の2種を組み合わせてできたものが六十四卦で、自然界・人間界のあらゆる事物・性情が象徴される。はっか。
占い。易。「当たるも八卦当たらぬも八卦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八卦【はっけ】

〈はっか〉とも。(えき)による占いの基本となる図形。乾(けん),坤(こん),震(しん),巽(そん),坎(かん),離,艮(ごん),兌(だ)の8種。これを組み合わせたものが64卦。この形を得るために算木を操作する。八卦は伏羲(ふくぎ)の創案と伝えられる。易占の基本として,易占と同義にも用いられる。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

占い用語集の解説

八卦

陽爻と陰爻の記号を三つ組み合わせて表される八つの象徴のこと。自然界に存在する全てのものは、この「八卦」で表すことができるとされている。「八卦」には、乾(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・坤(地)の八種類がある。また、この卦を上下に二つに重ねると「六十四卦」になる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっか【八卦 bā guà】

易(えき)学の用語。陰爻(こう)と陽爻とを3本重ねることによって作られた8種類のパターン。すなわち☰乾(けん),☱兌(だ),☲離(り),☳震(しん),☴巽(そん),☵坎(かん),☶艮(ごん),☷坤(こん)の八つをいう。これらはそれぞれ,天,沢,火,雷,風,水,山,地を象徴する。易はこの八卦を重ねあわせた64種類のパターン(64卦)によって占う。図に掲げたのは,八卦の生成を述べる《易》繫辞(けいじ)伝の名高い句,〈易に太極あり,これ両儀を生ず。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっか【八卦】

はっけ【八卦】

〔「はっか」とも〕
易の卦を示す陰陽二種の爻こうにより形づくられる形象。この中の二種を組み合わせて、自然・人間などのあらゆる現象・属性を表し、判断の基礎とする。 → 周易しゆうえき六十四卦
占い。 「当たるも-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐か ‥クヮ【八卦】

※文明本節用集(室町中)「伏犠〈略〉始画八卦(はっクヮ)書契

はっ‐け【八卦】

〘名〙
① 易で、陰()と陽()とを示す三個の算木を組み合わせてできる八種のかたち。はっけい。乾(けん)・兌(だ)・離・震・巽(そん)・坎(かん)・艮(ごん)・坤(こん)。はっか。
※名語記(1275)九「八卦には、震也」 〔易経‐繋辞上〕
② 占い。卜(ぼくぜい)。易。また、それをする人。八卦見。
※御湯殿上日記‐文明一六年(1484)一二月一三日「ありのふ御八けまいらする」
※小右記‐万寿元年(1024)正月二五日「今日相当八卦、一説大厄日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八卦の言及

【易経】より

…《易経》はこの経と伝との総称である。卦とは,(陰の象徴)と(陽の象徴)の棒(爻(こう))をまず3本組み合わせて8種類のパターン(八卦(はつか))を作り,次にそれらを互いに重ねて64種類にしたものである。占断の辞は64卦だけではなく,各卦の各爻ごとに付されているから(前者を卦辞,後者を爻辞という),64×6の合計384種類のシチュエーションが備わっていることになる。…

【八卦】より

…これらはそれぞれ,天,沢,火,雷,風,水,山,地を象徴する。易はこの八卦を重ねあわせた64種類のパターン(64卦)によって占う。図に掲げたのは,八卦の生成を述べる《易》繫辞(けいじ)伝の名高い句,〈易に太極あり,これ両儀を生ず。…

※「八卦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八卦の関連情報