コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性口角瘻 せんてんせいこうかくろう

家庭医学館の解説

せんてんせいこうかくろう【先天性口角瘻】

 生まれつき両側または片側の口角部(口の横のすみ)の口腔粘膜(こうくうねんまく)側にみられる瘻(ろう)(あな)です。発現頻度としては比較的多くみられますが、そのほとんどは本人も周囲も気づかないまま経過するため、治療の必要はありません。
 口唇裂(こうしんれつ)と同様に、胎生期の癒合(ゆごう)異常のためにおこります。
 口角部の口腔粘膜側に小さな瘻がみられますが、軽い場合は瘻にはならず、点状のくぼみ(先天性口角小窩(しょうか))です。
 特別な生活上の支障はなく、目立たないので、症状としては非常に軽いものです。
 とくに治療の必要はありませんが、瘻が深くて汚れがたまり、炎症をたびたびくり返す場合は、瘻の切除手術を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android