先端紫藍症(読み)せんたんしらんしょう(英語表記)acrocyanosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先端紫藍症
せんたんしらんしょう
acrocyanosis

肢端紫藍症,肢端うつ血症,肢端仮死症ともいう。四肢の先端がうっ血のために紫藍色ないしは赤紫色を呈し (チアノーゼ) ,冷たく触れる状態をいう。若い女性に多く,冬季に多い。寒冷などが誘因となり,真皮細動脈が病的に緊張した結果,細静脈が拡張して慢性のうっ血状態になって起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android