コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先端紫藍症 せんたんしらんしょうacrocyanosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先端紫藍症
せんたんしらんしょう
acrocyanosis

肢端紫藍症,肢端うつ血症,肢端仮死症ともいう。四肢の先端がうっ血のために紫藍色ないしは赤紫色を呈し (チアノーゼ) ,冷たく触れる状態をいう。若い女性に多く,冬季に多い。寒冷などが誘因となり,真皮細動脈が病的に緊張した結果,細静脈が拡張して慢性のうっ血状態になって起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android