慢性(読み)マンセイ

デジタル大辞泉の解説

まん‐せい【慢性】

症状はあまりひどくないが、治りにくく、経過が長びく病気の性質・状態。⇔急性
望ましくない状態が長く続くこと。「慢性化した不景気」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんせい【慢性】

急激な症状の変化もなく、良くも悪くもならないまま長引いて、なかなか治らない病気の状態。 ⇔ 急性 「 -の盲腸炎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まん‐せい【慢性】

〘名〙
① 急激に悪化したりはしないが、治癒にも長期間を要する病気の性質。また、一般に、好ましくない状態が長く続くこと。⇔急性
※七新薬(1862)一「風湿毒性関接焮衝及び其慢性の者に人多く称用す」
② 緩慢に、ある結果に到達すること。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「況して慢性(マンセイ)の自滅で満足する今の自分には」
③ (━する) なれてしまっていること。
※浅草経済学(1933)〈石角春之助〉一「だがそうしたものに慢性し、空き空きしてゐる都会人には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慢性の関連情報