コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性 マンセイ

2件 の用語解説(慢性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まん‐せい【慢性】

症状はあまりひどくないが、治りにくく、経過が長びく病気の性質・状態。⇔急性
望ましくない状態が長く続くこと。「慢性化した不景気

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まんせい【慢性】

急激な症状の変化もなく、良くも悪くもならないまま長引いて、なかなか治らない病気の状態。 ↔ 急性 「 -の盲腸炎」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慢性の関連キーワード甘ったれる余りと言えば雁瘡括り紐舌を巻く短兵急何故なら尾大掉わず年寄りには新湯は毒夜泊まり日泊まり

慢性の関連情報