コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光変調記録方式 ひかりへんちょうきろくほうしき

1件 の用語解説(光変調記録方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

光変調記録方式

光磁気ディスクの記録方式。レーザー光で磁性体を加熱して、磁力を保つ力をなくし、そこに磁界を当てて磁化させ、データ書き込みを行う。光変調記録方式では、常に一定の磁界を当てておき、変化させる部分だけをレーザー光で加熱する。このとき、事前に磁性体の磁界の向きをそろえておく必要があるため、書き込みにはディスクを2回転させる必要がある。なお、光変調記録方式でありながら、1回転で書き込みを完了するダイレクトオーバーライトという技術もある。この方式を使用する記憶媒体には、MOディスクがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光変調記録方式の関連キーワードカートリッジディスクコンパクトディスク磁気ディスク垂直磁気記録PD光磁気ディスク光ディスクミニディスク光磁気ディスクドライブ磁気ディスク記憶装置

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone