光機能素子(読み)ひかりきのうそし(英語表記)opto-functional device

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光機能素子
ひかりきのうそし
opto-functional device

光技術による新しいシステムを実現するための素子として,種々の光源が開発されている。素子としては,レーザー発光ダイオード,光電子倍増管,フォトダイオード電荷結合素子,光変複調素子,液晶表示素子,光ディスクなどがある。これらにより,光情報処理光通信,光計測,各種ディスプレイ,光加工など,これまでの電気のみを使ってきたものと異なる新しい技術体系の構築が始まっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android