光空(読み)こうくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光空 こうくう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。生地近江(おうみ)(滋賀県)の金勝(こんしょう)寺にはいる。「今昔物語集」などによれば,法華(ほけ)経を読誦する声が評判となり,平将門(まさかど)の一族の兵部丞の帰依(きえ)をうける。邸宅滞在中にその妻との間をうたがわれて兵部丞らに矢を射られたが,普賢菩薩(ふげんぼさつ)の加護によりすべての矢がおれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光空の関連情報