コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光空 こうくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光空 こうくう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。生地近江(おうみ)(滋賀県)の金勝(こんしょう)寺にはいる。「今昔物語集」などによれば,法華(ほけ)経を読誦する声が評判となり,平将門(まさかど)の一族の兵部丞の帰依(きえ)をうける。邸宅滞在中にその妻との間をうたがわれて兵部丞らに矢を射られたが,普賢菩薩(ふげんぼさつ)の加護によりすべての矢がおれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

光空の関連キーワード原子力用ロボットアルル天台宗高倉健

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光空の関連情報