加護(読み)カゴ

デジタル大辞泉の解説

か‐ご【加護】

[名](スル)神仏がその力によって衆生を守り助けること。「天の御加護がありますように」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かご【加護】

( 名 ) スル
神仏が力を加えて守り助けること。 「神仏の-を祈る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ご【加護】

〘名〙
神仏が慈悲の力を加えて、助け守ること。
※権記‐長保元年(999)八月二六日「柳生々加護本誓是恃」
※百座法談(1110)六月一九日「現世も後世もこの娑婆世界の衆生阿彌陀仏の慈悲願力に加護せられずといふことなし」
※今昔(1120頃か)一九「如此き盗人に値(あ)ふと云へども、三宝の加護有れば」 〔最勝王経‐八〕
② 大切にすること。〔陸‐以詩代書別後寄贈京邑僚友詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加護の関連情報