加護(読み)カゴ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)神仏がその力によって衆生を守り助けること。「天の御加護がありますように」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 神仏が慈悲の力を加えて、助け守ること。
※権記‐長保元年(999)八月二六日「柳生々加護本誓是恃」
※百座法談(1110)六月一九日「現世も後世もこの娑婆世界の衆生は阿彌陀仏の慈悲願力に加護せられずといふことなし」
※今昔(1120頃か)一九「如此き盗人に値(あ)ふと云へども、三宝の加護有れば」 〔最勝王経‐八〕
② 大切にすること。〔陸‐以詩代書別後寄贈京邑僚友詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android