加護(読み)かご

精選版 日本国語大辞典「加護」の解説

か‐ご【加護】

〘名〙
神仏が慈悲の力を加えて、助け守ること。
※権記‐長保元年(999)八月二六日「柳生々加護本誓是恃」
※百座法談(1110)六月一九日「現世も後世もこの娑婆世界の衆生は阿彌陀仏の慈悲願力に加護せられずといふことなし」
※今昔(1120頃か)一九「如此き盗人に値(あ)ふと云へども、三宝の加護有れば」 〔最勝王経‐八〕
② 大切にすること。〔陸‐以詩代書別後寄贈京邑僚友詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android