コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普賢菩薩 ふげんぼさつ Samantabhadra

5件 の用語解説(普賢菩薩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普賢菩薩
ふげんぼさつ
Samantabhadra

三曼多跋陀羅などと音写され,遍吉と意訳される。仏陀の実践的理性を司る菩薩。智慧を司る文殊菩薩と並んで釈迦仏の二脇侍として知られる。『華厳経』の「普賢行願品」に,「諸仏を礼敬し,如来を称賛するなどの十大願を発する」という普賢の行願が説かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふげん‐ぼさつ【普賢菩薩】

釈迦(しゃか)の右側に立つ脇侍。理知・慈悲をつかさどり、また延命の徳を備える。文殊(もんじゅ)とともに諸菩薩の首位に置かれ、単独でも信仰される。独尊として表されるときは白象に騎乗し、結跏趺坐(けっかふざ)、合掌の姿をとる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普賢菩薩 ふげんぼさつ

仏の悟り,瞑想,修行を象徴する菩薩。
仏の教化や衆生済度(しゅじょうさいど)をたすけるとされる。文殊(もんじゅ)菩薩とともに諸菩薩の上位にあって釈迦如来(しゃかにょらい)の右脇侍(きょうじ)。白象にのった姿であらわされる。華厳(けごん)経や法華経などに登場。東京国立博物館蔵の画像,大倉文化財団蔵の彫像が有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふげんぼさつ【普賢菩薩】

〘仏〙 菩薩の名。仏の真理や修行の徳をつかさどり、智慧ちえの文殊と一対をなし、釈迦の脇侍。白象に乗り、合掌している像が一般的。普賢大士。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普賢菩薩
ふげんぼさつ

文殊(もんじゅ)菩薩とともに大乗仏教の経典において重要な位置を占める菩薩。『華厳経(けごんきょう)』によれば、彼は、(1)諸仏に敬礼し、(2)諸仏を称讃(しょうさん)し、(3)諸仏を供養(くよう)し、(4)自ら過去の罪を懺悔(ざんげ)し、(5)諸仏の功徳(くどく)に心から感謝し、(6)諸仏に説法を請願し、(7)仏が世に永らえることを請願し、(8)つねに仏に従って学び行動し、(9)つねに衆生(しゅじょう)の救済を実現するように願い、(10)自らの功徳をすべて悟りに振り向ける(回向(えこう)する)という十願をたて、これを完全に実行、実現した。この十願は「普賢行願(ぎょうがん)」ともよばれ、自らの悟りと衆生の救済を求める菩薩の理想を示すものとされ、諸経典では、一般の人々もそれを追求するよう勧め、また普賢菩薩の実現した功徳にあずかれると説いている。文殊菩薩が悟りの知性的側面を象徴しているのに対し、普賢菩薩はその実践的側面(普賢行)を象徴し、釈迦仏(しゃかぶつ)の右脇侍(わきじ)として六牙(が)の白象に乗った姿で表現される。[江島惠教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の普賢菩薩の言及

【巡礼】より

… 宋代以後の近世社会になると,庶民の経済水準の向上につれて,各地の霊山への巡礼はますます盛んとなった。日本の入唐僧慧萼にまつわる開基縁起をもつ浙江省舟山群島の普陀山が観音菩薩の霊場として聞こえ,文殊信仰の五台山,普賢菩薩をまつる四川省の峨眉(がび)山とともに天下の三大道場と称され,地蔵菩薩信仰の総本山たる安徽省の九華山を加えて四大名山と呼ばれるにいたった。そして九華山などで,巡礼者は寺の発行する路引つまり浄土へのパスポートをもらって帰ったのであった。…

【ゾウ(象)】より

…仏陀の前生物語の一つ,〈ベッサンタラ本生〉では,主人公の王子は雨を呼ぶ白象を隣国の王のまわし者にこわれるまま布施したため,自国は雨が降らず困窮し,ついには国を追われる。また日本にも多くの像が見られる普賢菩薩は6牙の白象に乗った姿であらわされる。【高橋 明】
[西洋]
 多種の象がほぼ世界中に生息した2万年前まで,人類は猟獣としてこれを食用にし,洞窟壁画にマンモスなどの姿をかき残した。…

【普賢】より

…中国のクムトゥラ石窟,敦煌莫高窟にも白象に乗る普賢の図が描かれている。【定方 晟】
[図像]
 《法華経》に普賢菩薩が《法華経》を誦持する行者を守護すると説かれ,また《法華経》が女人往生を説くことから,日本では平安時代にことに女性の信仰を集め,すぐれた美術作品を残した。絵画としては東京国立博物館本,鳥取豊乗寺本などがある。…

※「普賢菩薩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普賢菩薩の関連キーワード菩薩本覚文殊菩薩光明極果五輪旗象徴的智印仏道妙覚

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普賢菩薩の関連情報