コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫賦活剤(読み)めんえきふかつざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫賦活剤
めんえきふかつざい

生体の免疫機能を活性化させ,低下している防御力を増強させる薬物。最近では,BRM (生物学的応答調整物質) の中心的なものとして癌の免疫療法に用いられる。丹毒で高熱を発した患者が自然治癒した例や,結核やハンセン病患者に癌が少ないという疫学的事実から,免疫賦活剤開発のアイディアが生れた。薬効成分の大部分はキノコや細菌由来の高分子多糖類で,免疫機能を刺激することによって間接的に抗癌作用を示す。クレスチン,ピシバニール,ソフィニラン,ベスタチンなどが販売され,化学療法剤との併用によって効果をあげている。従来,このタイプの薬物は日本だけで汎用されてきたが,近年エイズの発生などから免疫関連の薬物が注目されはじめ,欧米でも関心が高まってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

めんえきふかつざい【免疫賦活剤】

生体における非特異的な免疫作用を高める作用をもつ薬剤。抗悪性腫瘍剤の副作用である免疫機能の低下を軽減するために用いられる。 ⇔ 免疫抑制剤

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報