コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免震ビル めんしんビル

2件 の用語解説(免震ビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免震ビル
めんしんビル

地震の揺れを防ぐため特殊な設計が施されたビル。従来は構造を剛にして耐震するという考え方が主流であったが,近年では,ゴムと鉄板を交互に重ねた「積層ゴム」を建物と地面の間にはさんで揺れを吸収する方法がとられるようになってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

免震ビル

建物の基礎部分にゴムなどの免震装置を入れ、地震の揺れを吸収する構造。日本免震構造協会によると、阪神大震災以前は約100棟だったが、2009年でビル・マンションが2600棟、戸建て住宅は約4千戸と急増している。

(2011-07-04 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免震ビルの関連キーワード耐震免震感震起震車地震の間潮受堤防地震酔い基準地震動免震構法強震動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

免震ビルの関連情報