児玉 秀雄(読み)コダマ ヒデオ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 秀雄
コダマ ヒデオ

大正・昭和期の官僚,政治家 貴院議員(伯爵);内相;文相。



生年
明治9年7月19日(1876年)

没年
昭和22(1947)年4月7日

出生地
山口県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学〔明治33年〕卒

経歴
明治33年大蔵省に入省。40年伯爵。43年〜大正7年、昭和8〜21年貴院議員。明治43年朝鮮総督府設置とともに総務局長、大正5年寺内正毅内閣書記官長、12年賞勲局総裁、関東庁長官、昭和4年朝鮮総督府政務総監、辞任後貴族院研究会で活躍。9年岡田啓介内閣の拓務相、12年林銑十郎内閣の逓信相、15年米内光政内閣の内務相、17年陸軍軍政最高顧問となりジャワ赴任、19年小磯国昭内閣国務相、文相となった。戦後公職追放中に死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

児玉 秀雄
コダマ ヒデオ


肩書
貴院議員(伯爵),内相,文相

生年月日
明治9年7月19日

出生地
山口県

学歴
東京帝大法科大学〔明治33年〕卒

経歴
明治33年大蔵省に入省。40年伯爵。43年〜大正7年、昭和8〜21年貴院議員。明治43年朝鮮総督府設置とともに総務局長、大正5年寺内正毅内閣書記官長、12年賞勲局総裁、関東庁長官、昭和4年朝鮮総督府政務総監、辞任後貴族院研究会で活躍。9年岡田啓介内閣の拓務相、12年林銑十郎内閣の逓信相、15年米内光政内閣の内務相、17年陸軍軍政最高顧問となりジャワ赴任、19年小磯国昭内閣国務相、文相となった。戦後公職追放中に死去。

没年月日
昭和22年4月7日

家族
父=児玉 源太郎(陸軍大将・子爵) 弟=児玉 常雄(大日本航空総裁)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

児玉 秀雄 (こだま ひでお)

生年月日:1876年7月19日
大正時代;昭和時代の官僚;政治家。貴族院議員
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android