児玉右二(読み)こだま ゆうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「児玉右二」の解説

児玉右二 こだま-ゆうじ

1873-1940 明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家
明治6年9月10日生まれ。東京朝日新聞記者,東京日日通信主筆などをつとめる。日露貿易に従事し,二六新報や大陸新聞通信の社長も歴任した。大正6年衆議院議員(当選6回)。昭和15年1月23日死去。68歳。山口県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android