コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党内民主主義 とうないみんしゅしゅぎintroparty democracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

党内民主主義
とうないみんしゅしゅぎ
introparty democracy

一般的には政党内で実現されるべき民主主義。狭義にはいわゆる革命を志向する左翼諸政党に貫徹されるべき民主主義をいう。政党も他の近代的組織体と同じく,その内部には上昇ピラミッド型の階層性の存在を必要とし,ここから政党の官僚化,寡頭化が生じる。しかしこうなるとしばしば政党幹部と一般党員との意思疎通が欠如する。この現象は政党本来の目的遂行上,致命的とならざるをえない。ここに底辺平党員の意思の頂点への吸収,またその積極性を保障する党内民主主義が保持されねばならない理由がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

党内民主主義の関連キーワードプレオブラジェンスキーソビエト共産党社会民主連合デクラーク民主集中制徳田球一渡部義通個人崇拝分派活動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

党内民主主義の関連情報