コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入り立ち イリタチ

デジタル大辞泉の解説

いり‐たち【入り立ち】

ある場所に親しく出入りすること。
「大将の君はいと、さしも―などし給はぬほどにて」〈・蜻蛉〉
宮中の台盤所(だいばんどころ)に出入りを許されること。また、その人。簾中(れんちゅう)入り立ち。
「近う候ふ人は東の台盤所とて向かひたる方を通る。―の人々などはそれにゐる」〈たまきはる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

入り立ちの関連キーワード簾中入り立ち麻裳よし真土峠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入り立ちの関連情報