コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たまきはる(読み)タマキハル

百科事典マイペディアの解説

たまきはる【たまきわる】

鎌倉初期の日記文学。建春門院中納言日記とも。作者は藤原俊成の娘で定家の同腹の姉。《俊成卿女集》の家集をもつ藤原俊成女とは別人。作者が,建春門院,次いで八条院に仕えていたころを回想して書いたもの。平家の全盛期から1219年までの五十年余に及ぶ。女房生活の実態をよ写しているほか,服飾に関する詳細な記述は資料価値が高い。長文の定家の識語奥書)が付されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たまきはる

たまきわる【たまきはる】

日記。一巻。1216~19年頃成立か。建春門院中納言作。作者の宮仕え時代の回想記と、作者死後に弟の定家が編んだ遺稿部分とから成る。建春門院中納言日記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たまきはるの関連情報