コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)待ち イリマチ

デジタル大辞泉の解説

いり‐まち【入(り)待ち】

警察関係での隠語。
㋐閉店前に店に入って隠れ、閉店後に金品を盗んで、翌日開店後に出て行く手口。
㋑住人の留守中に忍び込み、帰宅を待って襲いかかる手口。
劇場、放送局、スタジアムなどの出入り口でファンが目当ての芸能人、有名選手などが到着して入場するのを待つこと。⇔出待ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入(り)待ちの関連キーワードスタジアム出入り口目当て芸能人放送局住人隠語閉店金品手口

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android