コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入紙 にゅうし

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうし【入紙】

袋綴の本の用紙が弱かったり,虫害などで損傷した場合に,本文の袋の間に新しい紙を挟み入れて補強すること。入紙を施すには,まず綴糸を抜いて本を解体してから,原本よりも少し大きい紙を挿入し,同大の表紙をつけて綴じ直す。おもに中国で発達したといわれ,中国では挿入する紙に故紙を用いることがあり,そこから珍しい資料が発見されることもあるという。また同様に解体して各葉を広げ,裏面に薄くて柔軟な紙をのりで貼りつけてから綴じ直すことを〈裏打ち〉というが,のりを用いるために虫害に注意しなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入紙の関連キーワード唐紙(とうし)紙パルプ工業すき入れ杉原紙袋綴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入紙の関連情報