コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋綴じ フクロトジ

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐とじ〔‐とぢ〕【袋×綴じ】

書物などの綴じ方の一。
文字面が外になるように紙を1枚ずつ二つ折りにして重ね、折り目でないほうの紙端を糸でとじたもの。和装本には、この綴じ方が多い。
雑誌などの製本時に、一部のページの小口を裁断せず、袋状に残したもの。切り離さないと誌面を見られない。
複数枚になる契約書などの綴じ目に、別の細い紙を貼り付ける綴じ方。内容の差し替えを防ぐための処理。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくろとじ【袋綴じ】

書物・帳面の綴じ方の一。文字を書いた面が外側になるように紙を一枚ずつ二つ折りにし、折り目でない方を重ね合わせて綴じる方法。和装本と呼ばれるものはこの形式が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

袋綴じの関連キーワード康熙綴じ・康煕綴じ袋草紙・袋草子ステープラー袋綴じ印刷明朝綴じ二つ折り大和綴じ和装本文字面御朱印唐綴じ製本書物外側形式和本帳面

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袋綴じの関連情報