コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入職率

ビジネス用語集の解説

入職率

入職率とは、国内の労働者全体のうち、
新たに就職した人の割合の事を言います。

入職率は、厚生労働省が定期的に行っている
雇用動向調査などをもとに算出される数字で、
雇用情勢を判断する材料の1つとなっています。

また入職率とは反対に、新たに離職した人の
割合を示す離職率という指標もあります。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうしょく‐りつ〔ニフシヨク‐〕【入職率】

労働人口のうち、ある一定の期間に新たに入職した人の割合。企業などの労働者在籍数に対する、新たな入職者の割合。⇔離職率。→労働移動者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしょくりつ【入職率】

企業・産業における雇用労働者の入職の度合を示す指標。ある期間(普通一か月間)の増加労働者数を、在籍労働者数で割ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の入職率の言及

【労働移動】より

…しかし,同一事業所内での職場の転換を意味する配転については資料が得られないので,配転を除く他の4項目に伴う労働移動について述べる。入職者数,離職者数を在籍労働者数で割ったものをそれぞれ入職率,離職率といい,両者の差が雇用の増減率に当たるわけだが,その差は入職率や離職率に比べて著しく小さく,1%前後の雇用変動は実にその10~30倍もの労働移動を伴っている。また,高度成長期と低成長期を比べると,入職率の高い高度成長期には離職率もまた高い。…

※「入職率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入職率の関連キーワード労働移動産業度合

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入職率の関連情報