異動(読み)イドウ

デジタル大辞泉「異動」の解説

い‐どう【異動】

[名](スル)
職場での地位、勤務などが変わること。また、転・退任などの人事の動き。「総務課へ異動する」
物事に、前の状態と違った動きが起こること。
「昨日と何も―がないというのかね」〈啄木病院
保険契約で、保険期間の中途で契約内容について変更が生じたとき、保険会社に通知して契約条件を変更すること。また、現行のものと違う内容の保険契約に移ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集「異動」の解説

異動

保険契約締結後、危険事情等の変更に従い、保険契約者の請求により、契約条件を変更することを指します。保険実務上は、契約条件の変更が必要な場合に、契約者または被保険者はその都度遅滞なく保険会社に変更内容を通知して承認を求め、保険会社は通知に基づいて保険証券に承認の裏書をします。危険の変更内容によっては、追加保険料が必要となります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「異動」の解説

い‐どう【異動】

〘名〙
物事に、前の状態と違った動きが起こること。また、その動き。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「南方空気少しく異動あれば、其炎蒸の気流れて」
② 地位、勤務、住所などが変わること。新任、退任などの人事の動き。
※東京朝日新聞‐明治三九年(1906)四月一五日「太田政弘氏転任することに内定し、猶二三の異動ある筈なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android