コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入鹿山且朗 いるかやま かつろう

1件 の用語解説(入鹿山且朗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入鹿山且朗 いるかやま-かつろう

1906-1977 昭和時代の衛生学者。
明治39年3月10日生まれ。厚生技官,名古屋市立大教授などをへて,昭和27年熊本大教授。31年同大医学部水俣病医学研究班にくわわり,喜田村正次と疫学,毒物調査を担当。有機水銀中毒説を立証した。昭和52年9月27日死去。71歳。鹿児島県出身。京都帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

入鹿山且朗の関連キーワード児童雑誌冤罪磁鉄鉱系列日活(株)坂東三津五郎連珠永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone