コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入鹿山且朗 いるかやま かつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入鹿山且朗 いるかやま-かつろう

1906-1977 昭和時代の衛生学者。
明治39年3月10日生まれ。厚生技官,名古屋市立大教授などをへて,昭和27年熊本大教授。31年同大医学部水俣病医学研究班にくわわり,喜田村正次疫学,毒物調査を担当。有機水銀中毒説を立証した。昭和52年9月27日死去。71歳。鹿児島県出身。京都帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

入鹿山且朗の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android