コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全員参加型好景気 ぜんいんさんかがたこうけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全員参加型好景気
ぜんいんさんかがたこうけいき

1986年末から 91年年初まで続いた,いわゆるバブル経済期の景気拡大の特徴の一つで,業種ごとの景況感利益率ばらつきが少ない経済成長のこと。前回 (83~85年) の景気拡大では,電気機械を中心とした加工組立型業種が景気拡大をけん引し,素材型業種の寄与は小さかった。他方,今回の景気拡大では,トリプルメリットを享受した素材型業種がけん引し,次いで加工型業種が拡大したため,全業種で業況の良好感が高まっており,73年 11月をピークとする列島改造景気以来の業種の広がりとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全員参加型好景気の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android