他方(読み)たほう

精選版 日本国語大辞典「他方」の解説

た‐ほう ‥ハウ【他方】

〘名〙
① ほかの方向。他の方面。他面。〔文明本節用集(室町中)〕
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「自分が一方に『遊び』暮し乍ら他方に於てもともと好きな『勉強』に」 〔杜甫‐贈崔融詩〕
※往生要集(984‐985)大文二「若有別願、雖他方、是自在生滅非業報生滅
※栄花(1028‐92頃)鳥の舞「他方の諸仏・の極楽に参り集り給へらむも」 〔経律異相‐七・琉璃王滅釈種〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二六「郷里を脱走して他方に遁逃(とんたう)せんと、決議する者の如し」 〔魏志‐文徳郭皇后伝〕
④ ある事柄について、今まで述べてきたのとはちがう、別の面から見て述べようとするときに用いる語。副詞的に用いる。一方。一面。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「他方」の解説

た‐ほう〔‐ハウ〕【他方】

ほかの方面。別の方向。また、二つのものの、もう一方。「一方は丸、他方は四角」
(副詞的に用いて)ほかの方面から見ると。一方。「他方、悪いこととは必ずしもいえない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android