コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全断面掘進機 ぜんだんめんくっしんき full-size tunnelling machine

1件 の用語解説(全断面掘進機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全断面掘進機
ぜんだんめんくっしんき
full-size tunnelling machine

切削や圧砕によって岩石を破壊し,与えられた断面全体にわたって坑道を掘進する機械。火薬発破を用いないので落盤などの危険が少い。掘進部の形や掘進機構などによっていろいろの型式がある。この種の掘進機は主として中位以下の硬さの岩石中に水平坑道を掘削する目的で開発されたものであって,道路や鉄道用のトンネル工事に用いられることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全断面掘進機の関連キーワード圧砕デブリ破壊分子打壊し風蝕圧砕状フィロナイト岩脈状圧砕岩熔融圧砕岩火成摩擦岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone