切削(読み)セッサク

  • 切削 cutting

百科事典マイペディアの解説

広義には研削など砥粒(とりゅう)による加工も含むが,普通は刃物を用いて材料の不用部分を切りくずとして削り取る加工法をいう。工作機械による金属材料の切削が代表的なもので,刃物(切削工具)が工作物を削るための運動(切削運動)と,工作物のまだ削られていない部分を刃物の部分に動かしてくる運動(送り運動)との組合せなどにより,旋削(外丸削り,正面削り,中ぐり),平削り,穴あけ,フライス削りなどの切削方法がある。切削工具は種々あるが,いずれも刃先はくさび状で材料の表面を削り取る。
→関連項目工作機械万能工作機械

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

広義には素材よりも硬い物質でできている工具を通して機械的力を作用させ,素材を局部的に変形,破砕,分離してくずとして除去しながら所要の形状,寸法,表面粗さをもつ製品を作り出す加工法をいう。工具は,身近ではいわゆる刃物のほか,のこぎり,きり,やすりなどがあり,また機械工場などで用いられるものには,バイト,フライス,ドリルブローチなどの,力を作用させる部分(刃形)の形状が正確に決定しているもの以外にも,研削盤のといしのと粒のように形状が不定のものや,みがき砂のように固定されていないものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切削の関連情報