コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切削 セッサク

4件 の用語解説(切削の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっ‐さく【切削】

[名](スル)金属などを切り削ること。「旋盤で鉄を切削する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

切削【せっさく】

広義には研削など砥粒(とりゅう)による加工も含むが,普通は刃物を用いて材料の不用部分を切りくずとして削り取る加工法をいう。工作機械による金属材料の切削が代表的なもので,刃物(切削工具)が工作物を削るための運動(切削運動)と,工作物のまだ削られていない部分を刃物の部分に動かしてくる運動(送り運動)との組合せなどにより,旋削(外丸削り,正面削り,中ぐり),平削り,穴あけ,フライス削りなどの切削方法がある。
→関連項目工作機械万能工作機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっさく【切削 cutting】

広義には素材よりも硬い物質でできている工具を通して機械的力を作用させ,素材を局部的に変形,破砕,分離してくずとして除去しながら所要の形状,寸法,表面粗さをもつ製品を作り出す加工法をいう。工具は,身近ではいわゆる刃物のほか,のこぎり,きり,やすりなどがあり,また機械工場などで用いられるものには,バイトフライスドリルブローチなどの,力を作用させる部分(刃形)の形状が正確に決定しているもの以外にも,研削盤のといしのと粒のように形状が不定のものや,みがき砂のように固定されていないものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっさく【切削】

( 名 ) スル
金属などを切り削ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切削の関連キーワード鉱泉カラザ共蓋物質的スーパーカチカチドロルタイトデュレインカラペイス化学式量シャコ(鷓鴣)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切削の関連情報