コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全習法 ぜんしゅうほうwhole method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全習法
ぜんしゅうほう
whole method

系列的な材料を記銘する場合に用いられる方法の一つで,分習法と対比される。一定の材料を部分に区切らず,全体を通して反復学習する方法のこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の全習法の言及

【学習】より

…一般に技能学習には分散学習が,問題解決学習には集中学習が適切だといわれている。(4)全習法と分習法 学習材料の扱い方に応じて,全体をひとまとめにしてなんども繰り返しながら学習する〈全習法〉と,全体をいくつかの部分にあらかじめくぎり,それらを順々に学習していく〈分習法〉とに分けることができる。もちろんいずれの方法が有効であるかは,その学習材料の性質に基づく。…

※「全習法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全習法の関連キーワード全習法・分習法練習

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android