コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全連邦共産党協議会 ぜんれんぽうきょうさんとうきょうぎかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全連邦共産党協議会
ぜんれんぽうきょうさんとうきょうぎかい

ソ連共産党において,党大会から次の党大会までの間に,党政策の緊急問題を審査するため必要に応じて招集された会議。 1930年代までは党大会と交互に開かれていたが,41年を最後に開かれたことがなかった。ゴルバチョフ書記長は 88年6月,47年ぶりに第 19回全連邦共産党協議会を開き,最高会議の改編と人民代議員大会の新設,党書記長など重要ポストの任期制,党役員選挙の複数候補者・秘密投票制などを決め,ペレストロイカの推進をはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android